ペピイブログ

動物看護師ブログ

卒業生の日常を発信します

動物フェスティバル

2017.09.26

この間、滋賀で動物フェスティバルがありスタッフとして参加してきました、こばちゃんです。

動物病院から毎年スタッフとして参加しているのですが、子供たちに獣医さんや動物看護師になってもらい自由に写真を撮ってもらおう!というのをコンセプトにブースを出しています。

子供用の白衣は、白衣を作っている業者さんにお願いをして、毎年お借りしています。

小さい子供たちがそれを着るととても可愛くて(*^^*)

獣医さんになる!動物看護師になる!と言ってくれる子供たちもいましたよー!

仕事の合間に動物の壁紙などを準備して、一生懸命やった甲斐がありました!

とても楽しい1日でした。

そしてペピイの時の先生にも久しぶりにお会い出来て本当に嬉しかったです!

頑張って作った壁紙などの写真はこちらです!

 

IMG_1115

IMG_1116

IMG_1117

純粋な目

2017.06.18

IMG_0476

最近、私、こばちゃんが動物看護師をしていて良かったと思える出来事がありました。

動物たちが元気になっていく姿など見ていると、やりがいを感じます。

今回は飼われている犬だけでなく、飼い主さんに寄り添えて本当に良かったと思いました。

 

ミニチュアダックスフンドを飼われている方で、またそのダックスは椎間板ヘルニア、頸椎ヘルニアと三度の手術を乗り越えました。

色んなリハビリを行いましたが、残念ながら歩くことは出来ませんでした。

それでも飼い主さんは元気にご飯を食べてくれているその子を一生懸命看護して下さり、おしっこが出なくなったり、下痢したりするとすぐに病院に連れて来られました。

でも残念ながら、その子は先日亡くなってしまいました。まだ10歳でした。

こばちゃんもすごく思い入れのある子で、その子の純粋な目を見ていると何故か落ち着くというか、なんというか…

よく頑張ったその子に動物病院のスタッフで、決して忘れることないよ!とありがとう!とお手紙を書きました。

数日たったある日、病院の近くでたまたまその飼い主すんにお逢いしました。

その飼い主さんはきっと辛いだろうと思っていましたが、「その子がいなくなってから動物病院に行くことがなくなって、こばちゃんに会えなくて寂しいわ。今日、会えて本当に良かった。」

と言って下さいました。

涙が出そうでした。でも、飼い主さんもきっと色々と乗り越えて今があるのだと思い、わたしも笑顔で「会えて良かったです。」とお伝えしました。

その時に8年間動物看護師をしていて、飼い主さんに心から寄り添えたかなと思えた瞬間でした。

これからも毎日飼い主さん、そして動物たちと寄り添いながら看護していこうと思います。

写真は我が家の子ですが、我が子たちとも1日1日大切に過ごしていかなきゃな!と思い写真を貼ってみました!

 

仔猫

2017.06.10

お久しぶりのお久しぶりです。

こばちゃんです。

動物看護師になりまして、もう8年が経とうとしています。とても早いですね。

そんなわたしもしっかり子育てが出来るようになりました。笑

仔犬、仔猫、どーんと来い!ってぐらい、ミルクからちゃんと離乳そして、里親さんをみつけるまでです。

IMG_0355

IMG_0386

IMG_0454

IMG_0455

友達がひらってきたのですが、どうしても育てられないとのことでわたしが引き取りました。

初めはミルクでしたか、日に日に飲む量が増え離乳食にかえていきました。

今ではご飯をガツガツ食べるほどに(*^^*)

里親さんも無事に決まり、もうすぐ旅立ちです。

少しさみしいですが、この子の幸せを願って送り出そうと思います!

8年も経てばわたしでも仔猫を育てあげることが出来るんだなと実感。

小さな命は素晴らしいものです。

 

 

 

 

 

1

入学に関するご相談・お問い合わせはお気軽に

0120-697-125受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)