HOME > 動物看護師になろう > 動物看護師ってどんな仕事?

動物看護師ってどんな仕事?

Become an Animal Nurse!

動物看護師ってなに?

獣医師をサポートする動物専門の看護師です。

こんな方にオススメの仕事

  • 動物が
    大好き
  • 動物を
    守りたい
  • 一生動物と
    関わって
    いきたい
  • 年齢制限がなく、常に即戦力が求められるため、長く続けていける仕事です。
  • 診察のとき、動かないように動物を抱きかかえます。話しかけたりして動物の不安な気持ちをやわらげてあげることも大切です。
  • 飼い主様との会話から動物の健康状態を聞き取り、獣医師に伝えることも大切な仕事です。
  • 飼い主様、獣医師やスタッフ、動物への気配りも欠かせません。

動物看護師は
どんな仕事をするの?

看護以外にもすることがたくさんあります。

診療のサポートや手術の助手、検査や薬の用意、入院動物のケアといった看護に関することはもちろん、病院の受付や事務、飼い主様対応、近年ではしつけや飼育法のアドバイスも行う動物看護師。その仕事内容は、とても広いのです。

  • 診察や手術のサポート

    診察時は動物を支える保定や体温測定、手術時は準備と獣医師の助手を担当。麻酔管理の補助も行います。

  • 検査機器を使った臨床検査

    検査機器を使って血液や尿などを検査し、動物の健康状態を調べます。フィラリアなどの寄生虫がいるかどうかもチェックします。

  • 処方する薬の準備・分包

    獣医師の指示のもと、薬の用意もします。動物の病気、薬の専門知識も必要となります。

  • 入院している動物の世話

    食事の世話やケージ掃除、投薬などを行い、体調に異変がないか、入院動物の健康状態に気を配ります。

  • 受付や飼い主様への対応

    診察前に飼い主様から動物の症状や様子を聞き、獣医師へ伝えます。薬の飲ませかたや家庭での看護法を説明するのも大切な仕事です。

  • しつけや飼育のアドバイス

    動物が健康に暮らせるよう、フード、しつけ方、美容、病気の予防など、日常の飼い方のアドバイスを飼い主様に行います。

  • 病院内の掃除や消耗品の補充

    いつもキレイな病院は印象も良いもの。毎日の掃除は大切な仕事のひとつです。また、薬や医療品など消耗品の補充も欠かせません。


動物病院の一日をレポートします

このタイムスケジュールは一例です。病院によって異なります。

8:30

開院準備

朝一番に動物の健康をチェック

出勤してすぐに入院動物の健康状態をチェック。その後、病院の掃除、タオルやシーツの洗濯などを行います。

9:00

受付開始

動物病院の診療がスタート

受付ではカルテと精算の管理をするほか、飼い主様から動物の症状を聞き出し、獣医師に報告します。

~12:00

午前診療

獣医師が行う診療をサポート

受付の合間をみながら、診察のサポートなどを行います。何人かの動物看護師が保定や処置の準備を分担します。

12:00

お昼休み

いったん休憩!
13:00

手術準備

診療時間外は手術の助手を担当

昼休みをはさみ、午後診療が始まるまでは手術をすることが多く、動物看護師はサポートを行います。

16:00

午後診療

気持ちを新たに午後診療を開始

診療の合間には尿檢査や血液検査なども行います。入院の面会に来た飼い主様にも対応します。

19:00

閉院準備

明日のために院内の清掃を

明日のために医療器具の手入れやゴミ出し、掃除など動物病院の1日は院内を清潔にして締めくくります。


動物看護師って
どうやってなるの?

認定試験に合格することで資格を取得できます。

現在、動物看護師統一認定機構が実施する認定試験に合格することで、認定動物看護師の資格を取得できます。受験には、動物看護師統一認定機構が推奨するコアカリキュラムの履修が必須になります。コアカリキュラムを導入している学校で(専門学校・短大・大学)専門知識や技術を身につけ、認定試験をクリアするのが一番の近道です。

  1. 高校卒業
  2. コアカリキュラムを導入している学校
  3. 認定試験に挑戦
  4. 動物病院などに就職

入学に関するご相談・お問い合わせはお気軽に

0120-697-125受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)