HOME > ペピイブログ > スタッフブログ > 今年も手作りフード完成しました!
ペピイブログ

スタッフブログ

ペピイから動物たちとの
日常を発信します

今年も手作りフード完成しました!

2015.09.14

こんにちは、ご無沙汰しています。動物看護師のマリーです。

今年も3年制の臨床栄養学の授業で手作りフードを学んだのでその成果をご紹介します。

毎年、犬用手作りフードのメニューを自分たちで考案して

犬が食べられるようにどうすべきか、また細かいカロリー計算や飼い主さんに指導する場合の注意点などをみんなで考えます。

毎年、おもしろいアイデアが出るのですが、今年は犬用お寿司や犬が食べれるカレーとナンなどユニーク作品がたくさんありましたぴかぴか (新しい)

 

実際に作って犬に試食してもらいましたが、どのメニューもとてもおいしそうで犬たちもペロリと食べてくれたようでしたうれしい顔

手作りフードの翌日に通常のドライフードを出したら、犬に『はぁ?』むかっ (怒り)という顔をされた…と言っていました(笑)

よほど美味しかったんでしょうねウィンク

 

また、クラス内投票をして優勝グループを決定するのですが、今年は同率で2チームが優勝となりました。

優勝チーム1組目は『ラブおばさんの手作りフード』チームで

和風ハンバーグ、ちらし寿司、スープ、サツマイモケーキなど誕生日を祝うメニューだそうです。

見た目もカラフルで食欲を誘いますねりんご

図1

 

 

 

とてもおいしそうに食べています黒ハート

図2 図3

 

 

 

2つ目のチームは『なんちゃってシェフ』チームで、

テリーヌや豆乳スープ、ゼリーなどおしゃれな(なんちゃって)フレンチディナーがテーマです。

図4

ゼリーが丸くてすごくかわいいるんるん (音符)このチームは写真にめちゃめちゃこだわってました。

カフェのメニューに載ってる写真みたいでした。

図5 図6

足がお皿の上に載ってます・・・夢中なんでしょうか。かわいいですね黒ハート

 

それぞれのチームの反省点や考察レポートでは、

カロリー計算が大変すぎる!!

食べれないものがたくさんあるのでそれらに対する注意がかなり必要。

小型犬では量が少ないので作りにくい。などの意見が上がっていました。

やはり、人間の感覚で食べ物を与えてしまうと、犬にとっては量が多すぎる事を実感したようです。

 

とてもよく出来たので教職員にもレポートを見て貰いましたが、すごい!!とみんな驚いていました。

来年はどんなメニューが考案されるか楽しみにしていてくださいねわーい (嬉しい顔)

入学に関するご相談・お問い合わせはお気軽に

0120-697-125受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)