もっと知りたい動物看護師のこと

もっと知りたい 動物看護師のこと

動物看護師ってなに?

動物看護師は、動物病院などで獣医師のサポートをする専門家。
動物のいのちを支える、動物病院に不可欠な存在です。
より質の高い動物医療が求められる現在、
認定動物看護師は将来の公的資格化をめざした動きが進んでいます。

獣医師をサポートする動物看護の専門家です。

動物看護師の仕事の図

Point01

動物看護師の資格について知りたい。
現在、動物看護師統一認定機構が実施する試験に合格することで、認定動物看護師の資格を取得できます。受験には、動物看護師統一認定機構が推奨するコアカリキュラムの履修が必須になります。動物医療にも人の医療と同様に、チーム動物医療体制の構築が求められるなか、動物看護師の知識・技術を高める必要があり、将来の公的資格化をめざしています。

Point02

動物看護師はどんな人が向いていますか?
なにより「動物が好き」であること。また、飼い主様やスタッフとのコミュニケーションも必要なため、人と話すことが好きで、人にも動物にも優しさや思いやりを持てる人が向いています。

動物看護師はどんな仕事をするの?

診療のサポートや手術の助手、検査や薬の調剤・分包、
入院動物のケアといった看護に関することはもちろん、
病院の受付や事務、近年ではしつけや飼育法のアドバイスも行う動物看護師。
その仕事内容は、とても広いのです。

看護以外にもすることがたくさんあります。

  • 診察や手術のサポート

    診察時は動物を支える保定や体温測定、手術時は準備と獣医師の助手を担当。麻酔管理の補助も行います。

  • 検査機器を使った臨床検査

    検査機器を使って血液や糞便(ふんべん)、尿を検査し、動物の健康状態を調べます。寄生虫がいるかどうかもチェックします。検査機器のメンテナンスもかかせません。

  • 処方する薬の調剤・分包

    獣医師の指示のもと、薬の用意もします。動物の病気、薬の専門知識も必要となります。

  • 入院している動物の世話

    食事の世話やケージ掃除、投薬などを行い、体調に異変がないか、入院動物の健康状態に気を配ります。

  • 病院内の掃除や消耗品の補充

    いつもキレイな病院は印象も良いもの。毎日の掃除は大切な仕事のひとつです。また、薬や医療品など消耗品の補充も欠かせません。

  • しつけや飼育のアドバイス

    動物が健康に暮らせるよう、フード、しつけ方、病気の予防など、日常の飼い方のアドバイスを飼い主様に行います。

  • 受付や飼い主様への対応

    診察前に飼い主様から動物の症状や様子を聞き、獣医師へ伝えます。薬の飲ませかたや家庭での看護法を説明するのも大切な仕事です。

お問い合わせ受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

電話:0120-697-125

オープンキャンパスに行こう!お申し込み・スケジュールはこちら

  • 資料請求はこちら
  • Webでのお問い合わせはこちら