ポリシーは
「動物にストレスをかけない」

動物と触れ合う実習の様子

01

はじめは、ぬいぐるみから練習。動物に負担をかけません。

動物がストレスをできるだけ感じないように、入学後しばらくはぬいぐるみで実習します。動物に協力してもらうのは、技術を養ってからです。

ぬいぐるみで実習する学生

僕たちもペピイの一員なのだ♪

動物を思いやる気持ちこそ看護の基本です。

羽生 千明 先生 専任講師・認定動物看護師

無類のペンギン好き。健康管理が毎日の日課。

羽生 千明先生

02

ペピイに来た時、動物の臭いがしないキレイな校舎にビックリ!

学生たちが、毎日キレイに掃除しています。動物への感謝の気持ちを忘れず、動物にとって常に清潔な環境づくりをこころがけています。

毎日の掃除による清潔な環境づくり

とってもキレイで快適だよ♪ お掃除しっかりしてくれてるんだね★

掃除も動物看護師にとって
重要な仕事のひとつです。

動物看護福祉学科 澤田 朱里 さん
(京都府・府立西舞鶴高等学校出身)

MIX犬LOVE♡
ペピイで猫も好きに!

澤田 朱里さん

03

オープンキャンパスで、動物とふれ合えないのが印象的でした。

見知らぬ人に会うことは、動物にとって大きなストレス。体験授業以外は飼育動物と触れ合えない点に、動物へのやさしさを感じました。

普段はぬいぐるみを使った授業

動物を大切に思う
姿勢に共感して入学!

澤田 朱里さん

04

「エサ」ではなく「フード」、「使う」ではなく「協力」。

「エサ」や「授業に動物を使う」という言葉を使いません。ペピイでは授業に協力してもらうパートナーとして大切にしているからです。

パートナーとして

親しみを込めて、
ニックネームで呼びかけます。

05

学生と一緒に、
動物も卒業するんですよ。

飼育動物は、学生とともに卒業するんです。飼育動物は希望する学生が引き取り、幸せな生活を送ります。

飼育動物と一緒に卒業

僕も一緒に卒業したよ★

卒業する動物に、
感謝状と記念品が
贈られます。

お問い合わせ受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

電話:0120-697-125

オープンキャンパスに行こう!お申し込み・スケジュールはこちら

  • 資料請求はこちら
  • Webでのお問い合わせはこちら