ペピイの教育コンセプト

「慮る」精神をベースに3つの力を備えた動物看護師を育てます。

スクールモットー「慮る」

相手の心を理解しようとする、思いやりの心を持つこと。ペピイは「慮る」をスクールモットーに、動物も人も思いやる人間の育成をめざしています。

合格力

動物看護師の統一認定試験に、「全員合格」を目指してサポート。

動物看護師に必要な専門的な知識・技術を確実に身につけることができるカリキュラムを構成。さらに対策講座を授業で設け、全日本獣医師協同組合と連携して「試験に慣れ、合格する」ノウハウを提供します。

実践力

「カリキュラム」と「施設・設備」の両面から、高い実践力を養成。

ペピイは、開校以来、実習重視のカリキュラムが特色。新たに導入するコアカリキュラムでも、授業の50%以上が実習・演習です。
また手術実習室や検査実習室をはじめ、最新の動物病院に近い環境も整備しています。

コミュニケーション力

動物医療の現場で使える院内コミュニケーションの授業が充実。

動物看護師は、獣医師や飼い主様の架け橋的存在。さまざまな場面でコミュニケーション力が求められます。看護の知識や技術は、気持ちをくみ取り、情報を伝える力があってこそ活きるもの。ペピイではコミュニケーション力の養成を重視しています。

2014年よりスタート

ペピイでは、2400時間コアカリキュラムを導入。

動物看護師として履修すべき「定められた必修科目」と「ペピイが定めた重点授業」の合計2400時間の教育を行います。

将来の公的資格化にむけたコアカリキュラム。

将来の公的資格化に対応できる教育を行うため、全国の動物看護系専門学校がコアカリキュラムを作成。「定められた必修科目」と「ペピイが 定めた重点授業」の合計2400時間の教育を行います。

認定動物看護師の受験には、コアカリキュラム履修が必須。

2014年以降、動物看護系専門学校に入学した学生より、コアカリキュラムの履修が必須になります。コアカリキュラムを受講した学生に認定動物看護師の受験資格が与えられます。

ペピイなら、試験サポート体制も万全。

全日本獣医師協同組合の監修指導校であるペピイはいち早くコアカリキュラムに対応。統一認定試験合格をめざし、全日本獣医師協同組合と連携して、試験対策講座や模擬試験、直前対策講座などサポート体制も万全です。

お問い合わせ受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)

電話:0120-697-125

オープンキャンパスに行こう!お申し込み・スケジュールはこちら

  • 資料請求はこちら
  • Webでのお問い合わせはこちら